• NEWS
  • BIOGRAPHY
  • WORKS
  • CONTACT

BIOGRAPHY

トベタ・バジュン(Bajune Tobeta)

日本を代表する作曲家の坂本龍一の門下生として、坂本龍一設立のプロダクションの所属を経て独立。

2008 年 11 月に、葉加瀬太郎氏レーベルから、坂本龍一 / 高橋幸宏 / 大貫妙子 / キリンジ / 高野寛 / 平野啓一郎(芥川賞作家)等をフィーチャーしたソロアルバム「青い蝶」をリリース。その後も国内外の世界的なアーティストとの共演を数々と増やしソロ活動の一方でアーティスト・プロデュースも積極的に行なう。共演の実績としては、順不同で、坂本龍一、大貫妙子、高橋幸宏、高野寛、アート・リンゼイ、ジャキス・モレレンバウム、野宮真貴(ピチカートファイブ)、坂本美雨、キリンジ、佐田真由美、浅香唯、Salyu(サリュー)、Shing02、アトム・ハート、AOKI takamasa、FPM、ボンジュール鈴木、泉まくら、斎藤ネコ、ニコラ・コンテ、東儀秀樹、藤原道山など多数。

また映画や映像音楽にも定評があり、映画「西の魔女が死んだ」「バオバブの記憶」「TOKYO SYMPHONY」や、国連の国際環境会議「COP10/MOP5」のテーマ楽曲さらに2010年よりTBS 系列のニュース 23 のオープニングテーマ及び番組内の楽曲を手掛けている。更に師の坂本龍一の設立した東日本大震災の震災支援活動として「こどもの音楽再生基金」や東北ユースオーケストラのために坂本龍一作曲の楽曲をオーケストラアレンジを手掛ける。他にもテレビ・ラジオ番組テーマ等多数手掛ける。


Bajune Tobeta

Bajune Tobeta had belonged to Production company of Ryuichi Sakamoto who is Academy, Golden globe and Grammy Award winner and as known as one of the famous musician in the world.

In November of 2008, Tobeta released solo album, “ Aoi Cho” from record label of Taro Hakase who played Celine Dion ‘s world tour. Many first class Japanese musicians feature in this album includes Ryuichi Sakamoto, Yukihiro Takahashi of YMO and more. Also Tobeta had worked with world wide Artists ,Arto Lindsay and Jaques Morelenbaum and some.

Tobeta has reputation for movie and soundtrack, his first soundtrack, The Witch of The West is Dead is established good sales in Japan, and he composed for many soundtracks, theme music of COP10/MOP5 (UN environment conference) and music of TV programs in Japan.

Tobeta arranged ETUDE that is written by Ryuichi Sakamoto to Orchestral arrangement which is for Disaster support activities of Great East Japan Earthquake.

PAGE TOP▲